Yuichiro HORI

堀 雄一郎

Graduate School of Engineering, Osaka University

蛍光制御分子の化学デザインと生体イメージング

次世代のバイオイメージングに資する分子のデザイン戦略では、いかに標的の生体分子を蛍光標識し、いかにその蛍光を制御するかが重要となる。このためには、生体分子を検出するためのプラットフォームとしての蛍光標識技術に加え、蛍光制御分子の創製及びその制御法が新たに必要となる。本研究では、長波長蛍光を放ち蛍光制御機能を持つ分子を開発し、生体分子を細胞/個体に至るレベルで高解像度/深部でラベル化・イメージングすることのできる革新的技術を開発する。

ページのトップへ