Kazuhiro AOKI

青木 一洋

Okazaki Institute for Integrative Bioscience,NINS
National Institute for Basic Biology,NINS

遺伝子にコードされたPhyB-PIF系を用いた細胞機能の光制御技術の開発

近年、様々な光遺伝学のツールが開発されているが、赤色光を用いたものはいまだに限られている。Phytochrome B (PhyB)-Phytochrome interacting factor (PIF) 系は赤色光で結合し近赤外光で解離するユニークな系であるが、補因子として光合成生物の集光因子Phycocyanobilin (PCB) の添加が必要である。そこで本研究では、哺乳類動物細胞内でPCB合成経路を再構成し、PhyB-PIF系を遺伝子でコードされた形にすることを試みる。さらにこの系を用いて、細胞内シグナル伝達系を時間的・空間的に制御するための技術開発を行う。

ページのトップへ